2008年08月29日

あなたを根本から変える 「リーダーになる」

今日はリーダーシップ論の権威である

ウォレン・ベニス氏の著書「リーダーになる」を紹介します。

ブログを始めてまだ数週間ながらも、

経営・リーダーシップに関しては多々の文献に触れてきました。

ドラッガーはじめ著名な論者から「ベニスの重要な著作」と位置づける

この本から今日はエッセンスを抜き出していきたいと思います。



「リーダーに必要なのは、ビジョン、人々をまとめる能力、

 そして高潔さだ。キュレーターやコーチとしての卓越した能力も

 求められる。有能な人物を見抜く目、正しい選択肢を選び出す能力、

 対話を促し、紛争を仲裁する能力、公正な感覚、そしてもちろん、

 自分自身であることや、信頼の基盤となる誠実さも欠かせない。

 あらゆるものが以前より複雑で加速化している現代では、

 他社と協力し、大規模な共同作業を推進する力が

 ますます重要になっている。」



「本物のリーダーにそなわっている資質の中でも、

 とくに重要なのは次の4つである。

 第一に、本物のリーダーには、他者が共感できる意義を見出し、

 周囲を巻き込む能力がある。

 第二に、本物のリーダーには自分を明確に表現できる。

 第三に、本物のリーダーには誠実さがある。

 第四は適応力だ。

 適応力のあるリーダーには、絶え間ない変化にもすばやく、

 理性的に対処できる。」



「(全米退職者協会上級顧問のホレス・B・ディーツ氏の発言)

 反対意見も率直に口にできるような雰囲気をつくりたい。

 意見の相違を歓迎し、ミスを容認することはとても大切です。」



「(シャーリー・ハフステッドラー氏の言葉)

 失敗したことがないなら、それは十分に取り組んでいない証拠だ。」



他著と同様、まだまだ紹介したいエッセンスは多々あります。

ただ各章の名を見るとそれらが凝縮されています。



・現状を打破する

・基本を理解する

・自分を知る

・世界を知る

・直観に従う

・自分を広げる − 体当たりし、すべてを試みよ

・混乱をくぐり抜ける

・人を味方につける

・リーダーを助ける組織、くじく組織

・未来をつくる



この著書は前述のディーツ氏を含めた

多々のリーダーのインタビューによって作られています。

リーダー論の実践的入門書としては格好の一冊だと考えます。







参加ランキング
是非1クリックお願いします
人気ブログランキングへ
ブログランキング【くつろぐ】
ブログランキング

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。